Lectio

なるほど物はそういうふうに見るものか

-その時、石清水八幡宮の参道の石段を上りながら、有島さんが、その石段の傾斜度と一段一段の高さと、段から段にいたる距離とが、人間の歩幅にいかにもよく合っていて、実に上りいいことを、しきりに力説し、近代の土木建築の技術的進歩にもかかわらず、こういう点の顧慮が払われていないことを嘆かれた-

古美術十話 / 谷川 徹三

IdeaSafari

人生百年

虎ノ門の高台にある菊池寛実記念 智美術館

美術館の入り口で僕らを迎える作品の他に、地下の展示室へ続く階段の壁面 (撮影不可) は美術家の篠田桃紅さんの手によるものらしい。

100歳を越えてなおソリッドな感性を持ち続ける人生というのは、どういうものなのだろうか。

IdeaSafari

猫の散歩道

風が気持ちいい季節になって、自転車に乗る機会を意識的に増やしている。

たとえば10分くらいの短い時間でも、街のちょっとした表情を感じながら移動できるので楽しい。

少々まわり道でもこっちは車通りが少なくて静かだなとか、緑のおかげで日差しが丁度いいなとか、花を見てあぁもう1年経ったんだなとか思いながらペダルを漕ぐ。

いいなぁ、さっきすれ違ったあの猫にもこの猫にも各々のお気に入りの散歩道があって、それぞれの楽しみ方があったりするんだろうな。

GastronomieIdea

麝香葡萄 (マスカット)

ふるさと納税で届く果物たちのおかげで、この頃は朝の目覚めが楽しみになった。

皮ごと丸々食べられるフルーツを愛する僕と息子にとっては、マスカットタイムは至福のひととき。

小さな頃からなぜだか外国の港町が好きで、アレクサンドリアもいつか訪れてみたいと憧れている。

マスカットの原産地とされる北アフリカは、まだ栽培の適地なのだろうか。