Uncategorized

団栗

落ち葉を踏んだ時のカサリ、という音を耳にすると、ふいに秋が来たなと思う。

よく乾燥した枝や葉が敷き詰められた土の上を気に入りのブーツで踏み抜く。

パキリ、という乾いた音が辺りに響く。

秋が来たのだ。

深い森に足を踏み入れると、思いのほか大きな団栗(どんぐり)が見つかる。

朽ちた古木の幹にできた穴のなかに、まあるい団栗が、五つか六つ並んでいる。

子どもの悪戯?

もしかして栗鼠(りす)の巣篭もりの準備?

どちらでもいい。

秋が来たのだ。

団栗の共に掃かるる落ち葉かな

-正岡子規

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中