Uncategorized

果物狩りの楽しみ

大人になってからようやくフルーツの美味しさに目覚めた。

以前は獣肉に齧りついたときに感じていた『生命を食べる』という感覚を、最近は果実を食べるときに感じるようになった。

とりわけ、木から果物をもいで食べる時に。

都心から車で、あるいは電車で2〜3時間もあればその美味を味わうことができる。

アダムとイブの話を持ち出すまでもなく、それは人を惹きつけるだけの魅力がある。

ましてやこれは禁断の果実でもなく、正当な対価を払って、罰を受けることもなく味わえる悦びなのだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中