Uncategorized

睡眠は「削るべき時間」か

(24-X)×365日×健康寿命

これを最大化することが人生を豊かにする秘けつだと長らく思い込んでいた。

要するに、寝るのは損だと思っていたのだ。

睡眠サイクル(1.5時間)云々の理論の熱心な信者だった僕は、

4.5時間の睡眠の翌日にそれなりの仕事をできたと実感した際には、6時間睡眠や7.5時間睡眠と比較しては机上の効率性に酔うことがしばしばあった。

これが覆ったのは、実験的に22時就寝→5時起床の7時間睡眠固定制度を採用した時だ。

導入4日目の朝、いつもとは明らかに異質な目覚めの瞬間を体感。驚くべきは以後、ほぼ毎朝この「覚醒」を味わい、かつ、日中は高い集中力を保つことができていることだ。

濃密な17時間は、通常の18時間よりも

遥かに充実した1日を僕らにプレゼントしてくれる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中