Uncategorized

熱燗(アツカン)

居酒屋に入ったらまずビール、これが日本の(少なくともおじさん達の)王道だろう。

でも、こういう寒い季節には、やはり”燗酒”でじんわりとカラダを温めてから取り掛かりたい。

この頃は20代、30代の人間でも気後れすることなく暖簾をくぐれるような少しシャレた、それでいて日本酒・肴の選定にこだわりを感じさせる居酒屋が増えたように思う。

カウンターに座ると、隣では30代前半と思しき女性がひとり、惚れ惚れするような姿勢で美食を楽しんでいる、なんてこともある。

おそらくは昨今の日本酒ブームの影響はあろうが、その背景には、真にこだわり抜いた日本酒を消費者に届けたいと願い、努力を惜しまない蔵元が全国各地に生まれたことがあるだろう。インターネットの発達で(物理的にも精神的にも)我々消費者との距離も格段に近くなった。

我が国の日本酒愛好家にとって、歴史上最も幸せな時代を迎えているのではないか。

自宅で晩酌もいいが、居酒屋で、熱燗にはコレ。ぬる燗ならコッチ。冷や(常温)はアチラ。とやってもらうのも愉しい。

目の前で、燗付け器がポコポコと音を立てている。厨房から奥の客に、見るからに旨そうなタラ鍋が運ばれていく。

江戸っ子らしく、サッと飲んで”お勘定”といきたいところだが、良いオトナへの道は遠く険しい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中