Uncategorized

お昼寝の多倖感

・自律神経の働きを考慮すると長時間の昼寝は避けるべき。

・昼寝は10分程度の短時間にするべし(スマートフォンでアラームを設定)。

・カフェインを含むコーヒーを飲んでからの昼寝なら尚良し。

・但し、夕方になったら寝てはいけない。

これらが心身の休息に最適な”昼寝”を実現する方法とされているようだが、敢えて反論するなら、僕はこれに当てはまらない。

とてもシンプルで、まず、スマートフォンの電源を落とす。BGMもなし。部屋は暗くせず、できれば自然光を浴びるようにする。眠る、というより目を閉じて休ませてあげることを意識する。これだけ。

うーん。小さい頃は外遊びから帰ってきて畳の上で寝転がるだけで勝手に眠りに落ち、目覚めたときにはHPが全回復してたんだけどな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中