Uncategorized

朝の車窓、夕方の車窓

電車で移動する場合、できる限り太陽と正対(天体と”正対”できるのか?)して座るように心掛けている。

我々ヒトのサーカディアンリズム(体内時計)は24時間よりもやや長く設計されており、これを調整するためには太陽光が必要らしい。

セロトニンやらメラトニンやらを上手に分泌させることが質の高い睡眠を促し云々、、という理屈が好きなのもあるが、なにしろこの季節は陽の光が恋しい。

朝は太陽の輝きに感謝しながら目的地を目指し、夕には泣きたくなるような柔らかな光を感じながら家路につきたいのだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中