Uncategorized

平成の最後に

僕は昭和生まれだけれど、物心ついた頃には既に平成だった。

僕にとって生まれてから今までの思い出のほとんどは、この平成という名前の付いた31年と4ヶ月の間に収まっている。

「経済的にも文化的にも停滞を余儀なくされた時代でした」みたいな総括が目立つけれど、ふーむ。

(まさに”放棄”させられたことによる結果とはいえ)長いこと戦争をせずに、平和を謳歌した日本人の在り方、世界との関わり方っていうのは、もっと評価されたっていいでしょう、ねぇ。

 

Uncategorized

ジャイアントコーンは裏切らない

友人がSNSで「ジャイアントコーンは裏切らない」的なことを書いていた。

脳裏にはチョコレートアイスのこっくりとした甘みとコーンのサクサク感が浮かんだ。

僕はすぐさま傘をさしてコンビニに向かい、アイスのショーケースを覗き込む。そこに見慣れたパッケージを見つけ、安堵する。

妻のためにレモンの輪切りの入ったシャーベット(これも僕の大好物だ)を選び、自宅に戻る。息子が「サクサクのところ、頂戴」と言って駆け寄ってくる。

不朽の名作はこうして語り継がれていくのだ。

Uncategorized

使命感

 天皇陛下の心臓のバイパス手術をされた心臓外科医の天野篤さんが、日経新聞の取材で陛下に接した際の印象として「使命感で動かれていて、『私』がない」 と述べておられた。

 ある友人が「陛下から静かな声で語りかけて頂いたとき、不思議と心うたれるものがあった。また、恐れ多い表現かもしれないが、後ろに控えておられた皇后陛下の穏やかな表情は、何か相当の覚悟を持ったヒト特有の雰囲気があった」と語ったのを思い出した。彼は平成最後の年の冬に、あるボランティア活動の一環で、皇居に赴き、お二人にお目にかかる機会を持ったのだ。

 我が国の津々浦々を訪れ、各地で祈りを捧げられたお二人。国民と寄り添う、日本国の象徴として。僕たちは、次の時代に何を祈ろう。

Uncategorized

渡来人と帰化人

田中史生さんの著書。

タイトルと書評からして面白そう。ジャケ買い。

亡命百済人の大量渡来。あらゆる階層の民が島国に流入した未曾有の出来事。

海の向こうから流れ着いた“異物”を消化、吸収し、文化の燃料へと変えた懐の深さ。

昨今の日本でもダイバーシティとか多様性だとか、耳にはするけれど、かえってこの国の人々の同質性は深化しているような気もする。