Uncategorized

遅めの朝ごはんと早めの昼ごはん

村上春樹(ファンなので呼び捨て)の『ノルウェイの森』には心に残るセリフが多い。

永沢さん(主人公に自己投影しているため、この主人公の先輩は”さん”付け)が「遅めの朝食と早いめの昼食の違いくらいしかないんだよ」と語る場面があって、初めてその項を読んだとき、面白い表現だな、フフ、と感心した記憶があるが、その後、微妙な時間帯に起きるたびに「これは朝食なのか、昼食なのか」と自問することになった。

日常のなかで”どちらでもいい”と流されていきがちなことを、自意識のなかでどう処理していくか、どう意味付けていくか。自分の足で、自分の頭で人生を歩むための靴であり、モノサシなのだと考えるようになった。

ちなみに、永沢さんの「自分に同情するな」という言葉は、僕の座右の銘になっている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中