Uncategorized

渡来人と帰化人

田中史生さんの著書。

タイトルと書評からして面白そう。ジャケ買い。

亡命百済人の大量渡来。あらゆる階層の民が島国に流入した未曾有の出来事。

海の向こうから流れ着いた“異物”を消化、吸収し、文化の燃料へと変えた懐の深さ。

昨今の日本でもダイバーシティとか多様性だとか、耳にはするけれど、かえってこの国の人々の同質性は深化しているような気もする。