Uncategorized

平成の最後に

僕は昭和生まれだけれど、物心ついた頃には既に平成だった。

僕にとって生まれてから今までの思い出のほとんどは、この平成という名前の付いた31年と4ヶ月の間に収まっている。

「経済的にも文化的にも停滞を余儀なくされた時代でした」みたいな総括が目立つけれど、ふーむ。

(まさに”放棄”させられたことによる結果とはいえ)長いこと戦争をせずに、平和を謳歌した日本人の在り方、世界との関わり方っていうのは、もっと評価されたっていいでしょう、ねぇ。

 

Uncategorized

ジャイアントコーンは裏切らない

友人がSNSで「ジャイアントコーンは裏切らない」的なことを書いていた。

脳裏にはチョコレートアイスのこっくりとした甘みとコーンのサクサク感が浮かんだ。

僕はすぐさま傘をさしてコンビニに向かい、アイスのショーケースを覗き込む。そこに見慣れたパッケージを見つけ、安堵する。

妻のためにレモンの輪切りの入ったシャーベット(これも僕の大好物だ)を選び、自宅に戻る。息子が「サクサクのところ、頂戴」と言って駆け寄ってくる。

不朽の名作はこうして語り継がれていくのだ。