Uncategorized

生活インフラとしてのバス

普段から車や電車での移動をベースにしていると意識しないが、都心部のバスは網の目のように様々な地域をカバーしている。

出掛ける際、ついつい自宅から駅へ向かい、電車で最寄駅まで行き、そこから、、とやっていると50分くらい掛かってしまう道のりを、バスだと家の前から乗り換え無しで30分くらい、みたいなこともある。

バスルート発見の瞬間は、昔流行ったアハ体験のように自分の脳が喜ぶのがわかる。

やがて自動運転が普及すれば、究極的にはバスに乗るような気軽さで車(別のビークルに進化しているかもしれないが)に乗ってどこへでも行けるようになるものと期待している。

でも、まだまだ先ですね。