Uncategorized

下天は夢か

ときどき、司馬遼太郎の『国盗り物語(四)』を読み返してみる。

後世に生きる我々は、天下統一を前にした織田信長が、やがて訪れる破局へ向かって猛烈なスピードで突き進んでいくのを知っている。

有能な外交官として、また将としても傑出した存在となっていた家臣の明智光秀によって、信長は歴史の濁流に飲み込まれ、姿を消す。

2人のターニングポイントについては諸説あって、傘下の諸将の動向を含めて「たられば」の余地が僕たち歴史ファンを惹きつけるわけだが、たとえ本能寺の変が回避されたとしても、結局のところ、信長は道半ばで倒れただろうなとも思う。

「それ」はいつか必ず起きたのだろうな、と。

自分にとって、歴史小説を繰り返し読む理由は何なのだろうか。

人間という生き物の本質を知りたいのか。ある種のカタルシスを味わいたいだけなのか。

津本陽の『下天は夢か』はまだ読めていない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中