Uncategorized

蔦屋書店は日本の書店ビジネスをリライトできるか?

今、あなたの一番好きな場所は?と問われたら『本屋さん』と答えるだろう。

30年前の僕が同じ質問をされたとしても同じ回答をしているはずだ。

僕の言う本屋さんは、所謂『町の本屋さん』でも、商業施設の中の書店でもどちらでも良くて、そこに僕にとって新しい本との出逢いがあって、ちょっと親切な店員さんがいればそれでいい。

そんな僕でも、蔦屋書店を初めて訪れたときは心臓がバクバクした。

気に入りのテーマ(と関連の書籍)を辿りながら店内を回遊できるようになっていて、空間的にも十分な余白がある。

なんだか、誰かの脳内を覗いているみたいだな、と思った。

半日ウロウロして、近くの飲食店で空腹を満たし、電車に乗って地元へ帰った。

いつも楽しみにしている専門誌を買うために駅前にある中ぐらいの規模の書店に寄った。

在庫の関係でAmazonで書籍を買うこともあるが、なるべくなら地元の本屋さんで買うようにしているのだ。

こんなこと、いつまで続けられるのかなと思いながら。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中