Uncategorized

楽しみがひとつ増えますよ

近所に、妻と息子と3人で通っているカフェがある。

シフォンケーキと一緒に旨い珈琲が飲める、地元では評判の店だ。

その日は雨宿りを兼ねて1人で立ち寄ってみた。

考えてみると、遅い時間にこの店に入るのは初めてのことだった。いつもより幾分混んだ店内を見て、やはり帰ろうかと振り返った先の陳列棚に目が留まった。

自宅でハンドドリップを楽しむための器具が一揃え置いてあり、何となく手に取る。

奥から快活な女性店員が出てきて、使い方を教えてくれた。

「珈琲、奥様は飲まれませんよね。一度、ご自宅でご自身のために淹れてみたらいかがですか。楽しみがひとつ増えますよ」

それも悪くないなと思った。

楽しみがひとつ増えますよ」への3件のフィードバック

  1. 秋月さん
    私もコーヒーの香りが昔から好きなのですが、ここ十年ぐらいは、私の臭いに対する感覚が鈍ったようで、コーヒーの香りに惹かれて…という経験が少なくなってきています。

    事務所で仕事をしていますと、一日に4・5杯ぐらいは飲んでしまいます…集中力が途切れた時に飲みます…米国の会社員と似てますね。
    まあ、インスタント・コーヒーですけど…豆を挽いたものですと、胃に堪えますから
    、そんなには飲めませんね。
    米国の会社員たちが、豆からのコーヒー・メーカーで何杯も飲んでいるのを見かけますから、薄いコーヒー、アメリカンが必要なんですね(^-^;

    出張で定期的に来られる方が、ドリップ式のコーヒーを持ってきて下さるのですが、面倒臭いので、普段は、インスタントですね。

    インスタントは美味いのかと言われますと、うまかないですね(-_-;)
    美味しさという点では、やはり、。豆からやドリップ式にアレンジされているものですね。
    そいういうわけで、妻はインスタント・コーヒーは飲みません(^-^;

    いいね: 1人

  2. simple10さん
    私は逆にここ2〜3年で好きな香りを求めるようになってきてます。周期みたいなものがあるのかもしれませんね。
    キッチンに立ってペーパードリップをコトコトやっている時間もなかなか楽しいもので、自分の意外な一面を発見しました。
    私はカフェインが切れると頭痛がしてくる(中毒気味)のですが、朝昼晩の1日3回が丁度いいみたいです。一度デカフェのものを導入してみましたが、全くコクがなく、諦めました。。

    いいね

  3. 秋月さん
    秋月さんは、未だ味覚・臭覚が鈍化するお年ではないですから、まだまだ楽しめますね。

    昔、私は、香りや味も風土に関係していそうだなと感じることがありました。
    私は、ビールは付き合いで飲む程度で、好きと言う程の旨さを感じたことがなかったのですが、欧州に行った時に、オランダで飲んだビールが本当に旨く感じて、ジョッキ数杯お替りしたことがあります。
    珈琲も、アメリカのホテルの朝食で飲むコーヒーが何故か特別に香ばしかった印象があります…特別に品質が良いということはなかった筈ですが。

    いや、そのような一面は、ある意味、誰しももっていそうな気もします。
    心に余裕がある時は、趣味的な淹れ方をしてみたいと思いますよね。

    数年(以上かな?)前に、九州大学が16年間研究した結果を発表しましたが、それによりますと、コーヒーと緑茶には、脳の障害(脳梗塞など)を予防する効果があるそうです…私は信じてますけどね…でも、インスタントでも効果があるかどうかは、知りません(^-^;

    でも、頭痛が起こるということは、本格的なコーヒー党なんですね。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中