Uncategorized

何回読んだっていい

書籍だって、マンガだって、気に入ったところがあればその部分を繰り返し読んだっていい。

あるいは、いまいち気分が乗らないときは途中で放り出したっていい (実際に本当に放り投げたりもしている)。

考えてみれば当たり前のことなんだけれど、何年か前に突然それを思い出して、ひとりの時間をまた楽しめるようになった。

世に蔓延した速読術やら多読やらに毒されていたつもりもないのだけれど、いつの間にかこれは何かを得るための時間なんだみたいな見えない圧を自分に掛けていた気がする。

そういうもんじゃないですね。やっぱり。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中