Uncategorized

ことによるとあなたも淋しい人間じゃないですか。

-私は今自分で自分の心臓を破って、その血をあなたの顔に浴びせかけようとしているのです。私の鼓動が停った時、あなたの胸に新しい命が宿ることができるなら-

こころ / 夏目漱石

貴方にとって最も大切な小説は、と問われたら迷いなく漱石の『こころ』と答えるだろう。

ヒトがヒトとして社会で暮らしていく苦悩をこれだけ見事に描き切った物語は、他に存在しない。

友人Kは誰の心にも棲んでいて、いまも誰かの胸をコツコツと叩いている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中