Uncategorized

七夕のよる

このところ僕も少し疲れていて

昼間の雨に濡れたせいか微熱のある息子を早々に寝かしつけて

本棚の奥の方から草臥れた書籍を何冊か取り出して部屋でひとりモソモソと読んでいたら

七夕の夜空に天の川が見えているかどうかなんて頭からすっかり抜けおちてしまっていて

いつのまにか眠りに落ちていた

夢のなかで、懐かしい人に会えた

Uncategorized

広告とはなんぞや

押し寄せてくるテレビCMやスマホ向け広告に対しては、好奇心が既に磨り減ってしまっていて

ドーンと構えている屋外の大きな広告なんかが割と新鮮に映ったりする。

ちょっと気になる、くらいが丁度いい。