Uncategorized

月を捕まえて

ベランダ越しに大きくてまるっとした月を眺めていたら

「捕まえにいこう」と子どもが言ってきた

本当はもう寝かしつける時間なのだけれど、たまにはこんな日があってもいいかもなと、夜の散歩に連れ出した

小学校の門が空いていて、夜の校庭を体育館が薄ぼんやりと照らしている

遠くに響くボールの音を聞きながら、少し昔のことを思い出したりした

月のことなんかすっかり忘れて