Uncategorized

ひとりで立つものの美しさ

沢木耕太郎さんの『旅の窓』をパラパラ。

赤道に近いベレンという土地で出会った鶴、とのこと。

(人間の身勝手な見方かもしれないけれど)

スッとしたその佇まいからは確かに孤高というか、ある種の気高さを感じる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中