Gastronomie

夏の口福 (こうふく)

眩暈がするようなカンカン照りの夏の午後。

水分補給も兼ねて、そば屋に立ち寄る。

歳を重ねる毎に思うのは、美味しい・美味しくないというのは”食感”にも大きく左右される、ということ。

蕎麦のツルツルとか、なめこのヌルッと感、おろしのサラサラ。

夏場の幸せというのは、”喉ごし”だけじゃないですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中