Gastronomie

「おいしそうに食べるわね」

あなたの特技を3つ教えてと言われても困ってしまうけれど、ひとつはすぐに答えられる。

「おいしそうに食べること」だ。

正確に言うと、相手に「おいしそうに食べているなと思ってもらうこと」だ。

どういう仕草をすればそうなるのか、自分ではわからないけれど、家族や友人、仕事関係でもそう言ってもらえることが多い。

お店で食べていると、隣のテーブルに座ったお客さんが不思議と僕と同じものを注文するなんてことも多い。

学生の頃、デートのときに「あなたって本当においしそうに食べるわね」と言われる度に「だって、おいしいからね」と適当に答えていた記憶があるが、実際においしいと感じていることが多いのだ。

僕は、自分がいま本当に食べたいものが何か良くわかっているし、イタリアンなんかに行っても「今日は日替わりでいいや」みたいなことは、まず無い。

お店にとっては面倒な客かもしれないけれど、自分にとって本当に美味しいと思えるものをお腹いっぱい食べるというのはとても幸せなことだ。

それで、今日もお店のカウンターには『キノコとベーコンの和風バターしょう油』のパスタが並ぶことになった。

残暑が厳しかろうと、僕は海苔とか大葉がどっさりと盛られたアツアツの和風パスタが食べたいのだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中