IdeaLectio

気持は澄み、からだも夏の衣装のように軽やかな時にだけ、彼は出かける。

-彼はただしっかり眼をあけていさえすればいいのだ。

その眼が網の代りになり、そいつにいろいろなものの影像 (すがた) がひとりでに引っかかって来る-

影像の狩人 Le Chasseur d’images

博物誌 / ジュール・ルナール (岸田国士 訳)

ヒトの五感について、この頃不思議に思う。

僕が撮った写真にも動画にも、今さっき感じた生き物の震えや樹々の美しさ、踊りだしたくなるようなリズムや身を切るような風、そのときの驚きや悦びは、どこにも記されていない。

それらのぼんやりとした輪郭のようなものだけが残されている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中