IdeaSafari

アニメーション映画で「思想」が語れるんだ

-思想を思想として語るというよりも物に託して語れる- 高畑勲高畑勲展、行ってきました。

時間が許すなら一日中観てまわりたいくらい、色んなものが詰まってましたね。

壁一面に広がるメモや宮崎駿 (東映動画の若手時代) の提案書などからアニメーター達の思考なんかも追えるようになっています。

今回行って良かったなと思ったのは、あれ、これちゃんと観てなかったなという作品が結構あると気付けたこと。

展覧会の副題のとおり、高畑さんはまさに沢山のものをこの世界に遺してくれましたね。

僕は『竹取物語』が最高傑作だと思っているのだけど、妻は『ホーホケキョ となりの山田くん』を推しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中