Lectio

廃墟の上の花のように

-われわれの伽藍 (がらん) 、それはまだ建てられていない。

中世伽藍 (カテドラル) は他の人々-死んだ人々-のものであり、煤 (すす) で黒ずみ、長い年月によって侵蝕されている。

すべてが煤け、長い使用で傷んでいる、制度も、教育も、都市も、農家も、われわれの生活も、心も、考えも-

ル・コルビュジエ 『伽藍が白かったとき』

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中