GastronomieLectio

柚子だけは贅沢をさせてくれ

-東京の者には塩鱈はなつかしいものだ。

小松菜を入れた鱈の吸物へ柚子を二、三片浮かし、

熱いのをふうふういいながらすすりこむ-

池波正太郎 『柚子と湯豆腐など』

鱈 (たら) 独特のホクホクとした食感と旨味。柚子のあの濃縮された果実味と香り。

どちらも僕の好物なのに、どういうわけか、今まで組み合わせたことがなかった。

そろそろまた鱈鍋がやりたいと妻にねだってみようか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中