LivingSpiel

サンタクロースの夜

サンタさんがプレゼントを入れてくれるかもしれないから、と寝る前に息子が靴下を見せてくれた。

用意されていたのは彼が普段履いている幼児用の小さな靴下。

おかげでサンタはとても困ったことになっている。

でもそういえば小さい頃の自分もそうだったなと思い出した。やっぱりブカッとした専用のじゃなくて、自分の靴下を枕元に置いて寝たんだった。

僕が眠っている(フリをしている)間に、父がわざわざサンタクロースの格好をしてプレゼントを置きに来てくれていたのも覚えている。

「本当はお父さんがサンタなんでしょ」と尋ねたら、翌年から来て (着て) くれなくなってしまったけれど

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中