Gastronomie

立って啜る

とにかく腹が減っていた。

通り掛かりのうどん屋の「とり天ちくわ天おろし、冷盛」みたいなメニューが見えて、今の僕にとってもうこれ以上の昼飯はないなと思った。

鷄の唐揚げだって勿論好きだけど、”とり天”はもっと好きなのだ。

食券を買って狭い店内に入る(さりげなく長芋の天ぷらも追加した)。

僕のうどんは2秒くらいで出てきた。

知らない男達と肩を寄せ合ってうどんをズゾ、ズゾとやってると何だか山小屋に来たみたいだなと思ったりした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中