Lectio

父の言葉はひどくこたえた

-久しぶりに帰省して親兄弟の中で一夜を過ごしたが、

今朝別れて汽車の中にいるとなんとなく哀愁に胸を閉ざされ、

窓外のしめやかな五月雨がしみじみと心にしみ込んで来た。

大慈大悲という言葉の妙味が思わず胸に浮かんでくる。

昨夜父は言った。お前の今やっていることは道のためにどれだけ役にたつのか、頽廃した世道人心を救うのにどれだけ貢献することができるのか。

この問いには返事ができなかった-

和辻哲郎 『哀愁のこころ-南禅寺の夜』

むかし、殆ど同じ意味の言葉を父から問いかけられたことがある。

そのときに救われたのは世道人心ではなく、僕自身のこころであったけれど。

父の言葉はひどくこたえた」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中