Lectio

ゴッホとテオ

-ゴッホの墓に詣でたのは厳冬のある日であった。

空は雲に覆れ、枯木は樹氷をつけ、地は一面の雪であった。

雪の中から、ゴッホ兄弟の名を活字体ではっきり刻した、

何んの装飾も加えない、将棋の駒のような形の石が、二つ並んで出ていた-

小林秀雄 『ゴッホの墓』

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中