Lectio

そのうちに、夕闇が、疲れた者たちにとっては恵み深く、不幸な者たちにとっては果てしない夕べがやってくる

-暗い夜よ、おまえは、泣きつかれた娘が、この若い男の足音にぶるっと身を震わせるのを見た。

そして、娘が盲目的な力に投げ出されたようにベッドから跳び起き、熱い額から髪を掻き払い、急いでドアに行って鍵を開け、ドアを半開きにしておくのを見た。

それから、娘はまた熱いベッドに横たわり、もはや何の救いもない者のように、恐ろしい期待を抱きながら、じっとしている-

カレル・チャペック 『城の人々』

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中