Lectio

春は尾長であり、秋から冬にかけては “つぐみ” である

-「道に迷ったのか」とべつのときは云う、「きみはどこへいきたいんだ」

尾長鳥は私を見、左を見、右を見る。少しもおちつかず、ガラス戸を叩いたり、上下左右に警戒の目を怠らない。

私は溜息をつく、道に迷っているのはおれ自身だ、と私は両手で眼を覆いながら思う-

山本周五郎 『わが野鳥たち』

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中