GastronomieLectio

けいらん

あぁ、食べたい。

僕はうどんにはあまりコシを求めない。

それよりは、あの口に入れたときのツルツルッとした感じを楽しみたい。

給食のときに好きだった、卵でとじた甘辛の汁ものを思い出した。

雷汁 (かみなりじる) 、みたいな名前じゃなかったっけな。

GastronomieLectio

福が郎党を成す

‪-青森は日本海、太平洋、津軽海峡、陸奥湾と四つの海を持ち、

東西の外洋は回遊魚が来て、

間の海峡は身を引き締め、

内湾は魚介を育てる-

太田和彦 『酒と人生の一人作法』

忙しない日常のなかでマクロなことはつい忘れがちになるけれど、この山がちな国土で1億2千万人もの大人口を養うというのは色々な均衡のもとで成り立っているんだということをときどき思い出す。

この国はそれなりに「大きな島」ではあっても、土からの収穫物だけではとても今の暮らしは成り立たない。

四方を囲む豊穣な海が我々を食べさせてくれていることを忘れてはいけない。