GastronomieLectio

書きながら飲むというようなことは、めったにしないが、酒とは親しいつきあいである。

-若い頃からぼくは特別にブドー酒が好きだった。

よくひとから、どうしてそんなにワインを好むのか、という質問をうけるのだが、

特にむずかしい理由があるわけではない。

その頃たまたま飲みはじめたブドー酒の酔い心地が非常によかったからである-

山本周五郎 『ブドー酒・哲学・アイスクリーム』