Lectio

われの悲しむは過ぎ行く今年の春の為めではない、また来べき翌年の春の為め

-何処 (いずこ) を見ても若葉の緑は洪水のように漲り溢れて、

日の光に照されるその色の強さは、閉めた座敷の障子にまで反映するほどなので、

午後の縁先なぞに向い合って話をする若い女の白い顔をば、色電気の中に舞う舞姫 (バレエ) のように染め出す。

どんより曇った日には緑の色は却って鮮かに澄渡って、沈思につかれた人の神経には、

軟い木の葉の緑の色からは一種云いがたい優しい音響が発するような心持をさせる事さえあった-

永井荷風 『花より雨に』

LivingSafari

やすみやすみ

人の少ない川沿いを歩けるだけ歩いてみようと思い立ってなんとなく家を出てみたものの、

切り株やベンチを見つけては休み、歩いては休みを繰り返すと、思いのほか歩けてしまう。

ちょっとした悦びや発見もある。