Lectio

我々は同じ寒さを共同に感ずる。だからこそ我々は寒さを言い現わす言葉を日常の挨拶に用い得るのである。

-あるいは寒い冬のあとで柔らかい春風に吹かれた時に、

あるいは激暑の真昼沛然 (はいぜん) とした夕立に逢った時に、

常にそれらの我々自身でない気象においてまず我々自身を了解するのであり、

従ってさらに気候の移り変わりにおいてもまず我々自身の移り変わりを了解するのである-

和辻哲郎 『風土の現象』

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中