Lectio

いやどのみち、自分にはあらゆる点で風変りなところがあるのだ。自分は孤独で、きちんとした平凡な人たちからは仲間はずれにされているのだ。

-ときたまハンスは自分の近くに寄ってきて、自分のものになってくれる、それはそうだ。

一体その人はどんなふうにして王様を裏切ったんだい、トニオ君。

ハンスはこうたずねて、腕を組んだではないか。

けれどもそれからあのイムメンタールがやってくると、やれやれといった格好で、自分を見捨てて、なんの理由もないのに自分の耳慣れぬ名前を非難するのだ。

そういうことすべてを見抜かざるをえぬとは、なんという苦しいことだろう。…ハンス・ハンゼンは、二人きりのときは嘘ではなく自分を好いていてくれるのだ-

トーマス・マン 『トニオ・クレーゲル』

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中