Lectio

私の過去を訐 (あば) いても

「私は過去の因果で、人を疑りつけている。だから実はあなたも疑っている。

しかしどうもあなただけは疑りたくない。あなたは疑るにはあまりに単純すぎるようだ。

私は死ぬ前にたった一人で好いから、他 (ひと) を信用して死にたいと思っている。

あなたはそのたった一人になれますか。なってくれますか。あなたははらの底から真面目ですか」

夏目漱石 『こころ』

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中