Lectio

そしてそれから私の話したことは嘘ばかりです。

-「私の家 (うち) は京の三条通りなんです。横町は松原通りです。」

松原も三条も東西の通りですが、私はこんなことを云ってました。

「そして家の左の方は加茂川なのです。綺麗な川なのですよ、白い石が充満 (いっぱい) あってね、銀のような水が流れているのです。東山も西山も北山も映ります。八阪の塔だの、東寺の塔だの、知恩院だの、金閣寺だの銀閣寺だのがきらきらと映ります。」

「まあそんなにいいとこだすか。」

「ええ、家の裏の木戸を開けて、石段を下りて、それから小い橋をとんとんと踏んで行くと、河原なのです。河原は夏なんか涼しくってねえ。」

与謝野晶子 『嘘』

級友たちが代わる代わる継母 (ままはは) の厭な話をする毎日に飽き飽きしていた著者が、ある日突然「今迄隠していましたけれど。」と嘘の物語をするという話。

なぜだか、ぐいぐいと引き込まれてしまった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中