Lectio

まどろみと夜と星が待っているところを。

- 人生の砂漠を私は焼けながらさまよう、

そして自分の重荷の下でうめく。

だが、どこかに、ほとんど忘れられて

花咲く涼しい日かげの庭のあるのを私は知っている-

ヘルマン・ヘッセ 『どこかに』

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中