Lectio

そこには運命の力が及ばず、だれの自由にもできないから

- 安らかで静かな心は、自分の人生のすべての部分を訪ね歩くことができる。

これに対して、多忙な人間の心は、まるで「くびき」をかけられたかのように、振り返って背後を見ることができない。

そうして、彼らの人生は、深い闇の中に消えていく-

セネカ 『人生の短さについて』

記憶の在り方についてはいつも不思議に思う。

どこかを偶然通り掛かったとき、思い出の曲を聴いたとき、どこかで嗅いだことのある香水に出会ったとき、脳内のどこか奥深くに隠れていた記憶が蘇ってくることがある。

そういう時には、やはり一時的に忘れてしまっているだけで「どこかへ消え去ってしまった」わけではないのだなと安心すると同時に、

僕の行動によっては、「二度と呼び戻されることのない記憶や思い出」というものもあるのだなと、何だか不思議な気分になる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中