Lectio

わたしたちは、このふるい果樹園と草地と森を買い、ちいさな家と画室をはこんできて、そのまん中にたてました。

- ふるいりんごの木の枝はととのえてやり、森の下草は、きれいにはらい、

草地の草は、いつもみじかくなっているように、ひつじをかいました。

いつも葉のあるみどり木や、花をさかせる木もうえました。

ながれのふちには、しだや、こけ類が、おいしげります。

ここで、わたしたちは、子どもをそだてて、やがて、その子どもたちは、大きくなって、ひとりだちしていきました -

バージニア・リー・バートン 『せいめいのれきし』

こども達に絵本を読んであげながら、目の前の世界がこんなふうにできていたらなんて素敵だろうと思ったり。

『便利な世界』である前に。

あるいはそういう時代もあった、ということなのかもしれないけれど。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中