Lectio

私はもちろん、四周に庭を配したこの方丈が好きである。

- 自然のなかに、あるいは自然を模した人工である庭のなかに、こうした抽象的な構成が入り込んでくると、

私たちの眼は、奇妙な反転と眩暈のような心地良い感覚を、覚えずにはいられないのではなかろうか。

私たちはたえず物質を人生によって濾過して見ながら、その見えない隙間に抽象を感じ取っているだけなのだ-

新見 隆 / 庭の幻想 -立原正秋の東福寺

僕たちは物質そのものを得ると同時に何か (抽象) を感じ取っている。

人生がひとつの濾過装置だとしたら、旅こそが最も多くのものを得る機会になるのかもしれない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中