Lectio

ところが、こんな夢を見るようでは

- 夢は私の感情である。

夢の中の彼女の感情は、私がこしらえた彼女の感情である。私の感情である。

そして夢には感情の強がりや見栄がないのに。

そう思って、私は寂しかった -

川端康成 『火に行く彼女』

夢のなかの自身の真っさらな感情を知って、かえって寂しい思いをした経験は僕にもある。

幾分ディテールや時系列が込み入ったストーリーにはなっていても、そこには飾りや見栄もなく、言い訳もなく、純粋な自分がいるから。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中