GastronomieIdea

桃ちょっとだけ

子どもと「分けっこ」して食べようとすると、やっぱり自分の分はチョットだけでも良いかな、と思う。

桃はちょっぴりでも、もらえる幸福感は大きい。