Lectio

それがあったからこそ今度はそのなかから楽しい音楽というのが出たんじゃないか。

- その情というもののなかには、ちょっといつも悲しみというのがあるんじゃないか。寂しさとか。

日本語で悲しみというと、なんかお涙頂戴みたいになるけど、そうじゃなくて、日本人だけじゃなくて人間が持っている本性、要するに、芸術が人間の生きていることに交わるとき、どこかにある寂しさとか悲しさ。

なぜかというと、人間には必ず死ぬという運命がある。生まれた瞬間にだれかと別れなきゃいけないとか、会えば必ず別れというものがあるとか、そういう寂しさもあるし悲しさもある。

人間の情というもののなかに必ず悲しみがあるとすると、音楽は、理屈なしに、それを出すのに一番手っ取り早いものを持ってたんじゃないか。

音楽の響きのなかにそれがあるんじゃないか -

小澤征爾*大江健三郎 / 芸術が人間を支える

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中