Lectio

開け放たれた窓を外部 (そと) から見る者は、閉ざされた窓を透して見る者と、決して同じほど多くのものを見ない。

- 蠟燭 (ろうそく) の光に照らされた窓にもまして奥床しく、神秘に、豊かに、陰鬱に、蠱わし多いものはまたとあるまい。

白日の下に人の見得るものは、常に硝子戸のあなたに起るものよりも興味に乏しい。

この暗い、または輝いた孔虚 (うつろ) の中には、人生が生き、人生が夢み、人生が悩んでいる -

ボードレール 『窓』