Lectio

ある作品にとりくむのが100度目になっても、なおそれは私にとって新しい経験となる。

- 芸術家は、聴衆に向かいあうときの自分の役割の大きさを重荷に感じ、傷つきやすくなっている。

この職業で成功したり、ある程度有名になったからといって、探究すべきことはもうないなどと思ってしまうようなら、それは誤りである。

人はすべてをコントロールしきれるものではなく、そのことはステージの上でも同様だ -

ジャン・ファシナ 『若いピアニストへの手紙』

GastronomieLiving

駄菓子屋さんの無い世界で

小さい頃からおやつを自分で選ぶことに無上の喜びを感じていた。

僕の通った小学校の裏にも駄菓子屋があったから、お小遣いの残りの100円玉を握りしめて駄菓子屋のおばあちゃんと挨拶を交わし、

一個10円とか20円のお菓子をいくつか買ってはお店の脇のベンチで食べた。

自転車で隣町の小学校の裏の駄菓子屋を覗いたときなんかは「俺らの駄菓子屋の方が色んなのが並んでるぜ」なんて密かに自慢に思ったりした。

そんな僕の (ではないけど) 駄菓子屋も隣町の駄菓子屋も既に無く、心踊る懐かしのお菓子たちはスーパーやコンビニの一角でおじさん達の目にとまるのを静かに待っている。

なんて、くだらないことを考えながら『おかしのまちおか』で大人買いしたチョコバットを妻に隠れてモソモソ食べている。

Lectio

人生は戦いなり

ちょっと調べものがあり、図書館へ。

途中、クリムトの画集が目に入ったので手に取る。こんな絵も描いていたのだっけ、とパラパラ、パラパラ。

お、ゴーギャンの画集もあるじゃないか、パラパラ。

待て待てあちらにはアンリ・ルソーの画集…。

図書館でのセレンディピティは人生の愉しみのひとつとあらためて感心しつつ、

司書の方々の感染対策の負担を増やさないよう、貸出処理を済ませて足早に去る。

Gastronomie

テイクアウト

コロナで世界が一変し、ウィルスとの戦いはまだまだこれからという状況ではあるけれど

テイクアウトに対応してもらえるお店が増えたおかげで色々な食べものとの出会いがあった。

以前なら「やっぱりお店で食べないと」と思っていたところでも気軽に持ち帰りを注文できるように。

『オムそば』なるものは、少し冷めても、温め直しても美味しい。

Lectio

餅いろいろ

小さい頃は、お正月から春先くらいまでは毎日でもいいよってくらいお雑煮が好きで

実際、母に汁を沢山つくってもらっておいて、お腹が空くと焼いた餅を2つ3つ放り込んでモグモグズルズルと食べていた。

もちろんオーソドックスな磯辺焼きも好きだし、甘ーいお汁粉や、おろしでさっぱり食べるのも好きだけど、

ここ数年はきな粉もちにハマっている。

きな粉と砂糖の比率をどうするか、という加減が案外難しく、そして面白い。

Living

迎春

元旦にお日さまを拝めるだけで

なんだか良い年になる予感。

皆さまにとっても、いい年になりますように。