GastronomieIdea

ベホイミのある人生

体調が下り坂なので妻に「鍋焼きうどん」をつくってもらった。

ドラクエで言うと、僕にとってはベホイミに近いかなと思っている。

ホイミは散歩と珈琲とチョコレート。

ベホマは…やっぱり旅行だろうか?

回復魔法なんて使う必要のないくらいの方が幸せと感じる人もいるかもしれないけれど、

日常のちょっとしたところにホイミやベホイミ沢山ある人生の方がなんだか楽しいような気はしている。

Gastronomie

汁もの

妻の鍋好きが高じて最近の我が家は汁物が充実している。

小鍋から発展した水餃子ひとつとっても今月に入って何度食べたかわからないが、スープ好きの僕としては毎晩どころか朝も昼も温かいスープが飲めたらなと思っている。

Gastronomie

一皿

じゃがいも (ポテサラ) も好きだし、さつま芋も好きだ。

一皿で少しずつ色々なものを味わえるメニューが好きな妻の気持ちも、最近わかるようになってきた。

Gastronomie

ドレッシング

トマトをそのまま、みたいな食べ方だってもちろん好きなのだけど、

やっぱり自分好みのドレッシングのかかったサラダも捨てがたい。

「どうやって作るんですか」とまではいかなくとも、「何でできているんですか」くらいは聞いておけばよかったのにと今さら後悔したり。

GastronomieLiving

お弁当

大昔に僕が通っていた幼稚園は弁当持参の園ではなかったから、息子のように、蓋を開けて「わぁっ」となった思い出は自分には無い。

でも、高校生になって、白飯とおかずをギュウギュウに詰めてもらった弁当を開けて、フムフム言いながら猛スピードで食べた記憶は鮮明に残っている。

ふん。

Gastronomie

待ち時間はどこへ

純粋に何かを待っている、という時間は世の中からいつの間にか消えてなくなってしまったのかもしれない。

世界は面白そうな雑誌や本で満ちているし、スマートフォンはアレをやれ、コレをやれと次々にタスクを課してくる。

そうこうしているうちにケーキは運ばれてくるし、絶妙なタイミングで紅茶だってやってくる。