Gastronomie

蕎麦の薬味 (やくみ)

江戸っ子を気取るわけではないけれども、

蕎麦屋を見掛けるとつい入ってしまう。

以前なにかの番組で海老蔵さんが「つゆ」ではなく「水」で食べているのを見て驚いたことがあるけれど

僕はやっぱり辛めのツユに薬味を少しおとしたもので食べたい。

そもそも自分が大根やら山葵で蕎麦を食べるようになるなんて、小さな頃は考えられなかったけれど。

GastronomieLiving

夏を迎える準備

暑くなってくると果物を食べることが増えてくる。

のどが渇いたら単に水を飲めば良いような気もするけれど、

この時期のフルーツの甘みや酸味のなかにはなんとなく梅雨〜初夏のカラダから失われてしまったものが沢山含まれているような気がしている。

ある日、妻の実家から大きなメロンがいくつも送られてくる。

冷蔵庫のなかにあの魅惑的な甘味が並んでいるのかと思うと、それだけでソワソワとしてしまう。

GastronomieLiving

カカオ

体に良いとか悪いとかは一旦置いておいて

これが毎日の愉しみ。

1個ずつの包装になってるのもいいし、パッケージデザインも好み。

Gastronomie

プディング (言いたいだけ)

珈琲が飲みたくて入った喫茶店で甘いものを一緒に頼む習慣ができつつある。

クラシックな喫茶店だからプリンでしょとか、この店のコーヒーだったらチーズケーキでしょとか、あれやこれや考えるだけでいちいち楽しい。

GastronomieLiving

ドーナツ工房

おやつに何が食べたいか

というと何故かドーナッツとかシフォンケーキみたいなモソモソとしたモノばかり頭に浮かぶ。

それは単に「食べ応え」ということもあるけれど、珈琲とか紅茶とかとの相性なんかも無意識のうちにイメージしているのかもしれない。

みたいなことをアレコレ考えながら雨のなかを散歩している。

「ドーナツ工房」なんて看板を提げたお店がある街は、それだけでなんだか魅力的に見える。

Gastronomie

眠れぬ夜は

なんて言ってないでさっさと眠れば良いのだけれど

頑張った一週間の終わりに自分のためのご褒美を用意しておくと

また少し頑張れる気がしている。

ところてんを入れた器のコッチ側のふちには、大好きな辛子がたっぷり隠してある。

GastronomieStyle

酒蔵

大きな杉玉を見掛けると、つい覗きたくなってしまう。

酒蔵というのは自分にとっては古き良き日本の美を凝縮したような存在に思えるし、

最近はカフェやレストランが併設されているところもあって、そういう酒蔵さんには一見客でも受け入れてくれる柔らかな雰囲気もある。

流通が発達したおかげで美味しいものが気軽に手に入る時代にはなったけれど、

この土地でこの人たちが丹精込めてつくったものなのかとか密かに関心しながら買って帰るお酒は、

いつもとは少し違った味がするんじゃないか、なんて思ったりして。

GastronomieLiving

レモンケーキ

昨日はひさしぶりに車で遠出する用事があって、テイクアウトの珈琲でサンドイッチを流し込みながら「なんて合うんだろう」とか言いながらドライブを楽しんだ。

今日は今日でレモンケーキを食べながら「こんなにコーヒーに合うものもなかなか無いよな」なんて呟いている。

GastronomieLiving

青海苔

暑くなってくると途端に心太 (ところてん) が食べたくなる。

いや、然程暑くない時期でも食べてるかもしれない。

青のりの香りと、ところてんの喉ごしが色んなものを流していってくれる。

Gastronomie

オレオ

チーズケーキを食べるようになったのがいつだったか、よく覚えていない。

レアがいいなという時期もあったし、ベイクドチーズなら何でも、という時期もあったけど

最近は少しチョイ足しされているのが好きかもしれない。

無花果 (いちじく) が混ぜ込まれたものと迷って結局こちらに。なんとなく懐かしい味。